FC2ブログ

野外でM字開脚:近付く足音にも股間の疼きを止められない。

撮影していたのは管理棟らしきプレハブ小屋の裏でした。小屋の隣にはトイレがあり、反対側は木々が並んだ土手が道路へと下っています。何もない場所なので、施設の関係者ですら普通は行かないはず。そこへカメラを持った男女が消えていったら、、、怪しさ極まりないですよね(笑唯が胸までワンピースを捲り上げている間も、すぐ傍で人の気配がしていました。唯もそれに気付いていたからこそ、余計に後ろを気にしていたんだと思いま...

2017
25

野外露出:白い幕が上がり現れたのは黄色いランジェリー

思い掛けず人前で唯の太股が露わになってしまった後。見ていた男性達には気付かぬ振りをして物陰に入りましたが、変態カップルなのはバレバレだったはずです。当然ですよね、ランジェリーが露わになった女にレンズを向けて男が嬉々としているんですから。周りに見られていたことは唯も分かっていたはずです。ですが遠くの視線を意識しつつも、撮影を止めようとはせずに平静を装っていました。「久し振りに外で脱げる。あの開放感を...

2017
19

春風のいたずら:ワンピースから覗く太股とガーターベルト

はや4月が終わり、GWも過ぎてしまいました。皆さんはノーマル&アブノーマルに楽しまれたでしょうか?私と唯は自宅で夫婦生活に勤しんでいるものの、撮影する機会がなかなかありません。まぁ私のヤル気の問題ではありますが、、、先日、久し振りでカメラを手にして唯と出掛けてきました。この日は一見するとお上品なシャツワンピース。ですが光が当たるとイイ具合に透けてしまうので、基本はスリップが必要です。着いたのは某スポー...

2017
15

動画:海辺でシェードに隠れてフェラチオ

海辺のランジェリーと同じシリーズになります。陰部は修正しなければならず、ネットで顔を晒す勇気もなく、モザイクばかりで見所のない動画ではありますが、、、主人の足元で四つん這いになり、肉棒を握りしめて顔を近付けていき、、、顔を上下して竿に舌を這わせたり、亀頭を口に含み、舌でカリ首をなぞったり、それから袋も丹念に舐め上げてくれます。更に股間を顔を埋めて、アナルまで唾液まみれにしてしまう唯。突き出たお尻が...

2017
04

動画:M字開脚でTバックをズラし、主人の指でクリトリスを弄ばれる唯

セックスやオナニーをする上で、オトナのオモチャはごく一般的なアイテムになっています。誰でも一度や二度は使ったことがあるでしょう。処女・童貞でもローターやホールで快感を得ている人は多いはず。アダルトグッズでセックスライフがより充実するのは間違いありません。その一方で、道具を使い過ぎることで生身では感じられなくなってしまう人もいますね。玩具の強烈な振動やうねりに慣れてしまうからだと。それはオモチャ以外...

2017
30

初めての野外撮影:双頭バイブに入れ替え、青空に喘ぎ声を響かせる。

リモコンローターが聖水で汚れてしまったので、オモチャを交換しました。次は双頭バイブの『オルガフェミ RC デュアル』この頃はまだアナル開発の途中。毎回はじめは指を1本、2本と入れていき、指圧でじっくりと粘膜をほぐしてやる必要がありました。アナル1本挿しならスムーズに受け入れられる程にはなっていたものの、2穴となると簡単ではありません。この時はさほど大きくない双頭バイブでも入れるのに一苦労しました。今で...

2017
24

初めての野外撮影:茂みから滴る雫

前回『初めての野外撮影』の続き。気持ち良さそうに撮られていた唯ですが、寒さや快感とは違った様子でソワソワし始めました。すると、「あの、、、トイレに行きたくなってきた、、、」もちろん周りにトイレなどありません。主人「そこがお前のトイレだよ。」唯「え、、、ここでするの??」ポーズを取っていたお立ち台がトイレに早変わりです。諦めた唯は膝までTバックを下ろしてしゃがみ込みますが、なかなか聖水が出てきません...

2017
16

初めての野外撮影:冷風に震え、快感に震え

2015年3月某日、快晴。以前から少しずつ露出プレイに連れ出していき、初めての本格的な露出撮影を敢行した時です。暦の上では春ですが、北国の3月はようやく冬の終わりに差し掛かった頃。日差しがあっても風は冷たく肌に刺さり、足元には名残雪が白いマダラ模様を作っています。この日のランジェリーは春らしい爽やかなターコイズブルー。2015AWから『Salute series 22 (サルート 22 ターコイズ)』です。ちなみにブラジャーはこん...

2017
10

生足、ストッキング、ガーターベルト、ヒール

前回の『お尻』に引き続いて身体のパーツを。今回はTバックでも陰部でもお尻でもなく、『脚』に注目してください。春は解放の季節ですね。冬の間に厚手のタイツやパンツで隠されていた女性の脚が姿を現し、私たちの眼を楽しませてくれます。黒いタイツは肌を感じさせる薄手のストッキングへと変わっていき、初夏を迎える頃には生足が街中に溢れかえります。ヒールを鳴らして闊歩、待ち合わせスポットに並んだクロス、カフェでは組...

2017
04

お尻、腰のくびれ、骨盤: 唯のスタイルの変化

小生が下着フェチなのはブログ等に再三書いている通り。では、女性のカラダでどこが一番好きかと言うと、それは『お尻』です。詳しくは、『腰のくびれからお尻、太股にかけての曲線』フェチとなります。長ったらしいフェチシズムですが、まさにその「キュッ、クイッ、プリン、スラッ」って言う一連の長いラインが好きなのです。責め以外でおっぱいに吸い付くことはありませんが、お尻や太股にはついつい頬擦りしてしまいます(笑と...

2017
24